2018年【最新】インフルエンサーという仕事がある!

インフルエンサー・プログラム
インフルエンサー・プロジェクト♪

インフルエンサーとは??現代はSNSがプロモーションに重要なツール。そのSNSを利用し最大限効果を発揮してくれるらしいインフルエンサーというものについてです。

【Twitter)】
タイムラインの流れる速さを意識し、テキストのみではなく、テキスト+動画・画像の構成が一般的。ユーザーの目線が止まるように際立つクリエイティブ表現を追求されるているように見られる。
ハッシュタグ(#記載)は少なめ。ツイッターはインスタグラムに比べてハッシュタグによる情報の拡散力が低く、入力できる文字数に制限があるため。だそう♪表現の自由度が高いツイッターは、出稿企業やサービスに偏りはない。
ウェブサービスから日用品、イベント、店舗などあらゆる業種において活用されている見たいです♪

【Instagram】
テキスト+動画・画像の構成はツイッターと同じ。インフルエンサーが、広告商材とともに動画や写真に写り込む表現が多く、口紅であれば、塗っている所。
カラコンであれば、目のアップ写真。新作バックであれば、お披露目会イベントのエントランス。といったものが多いそう。
特徴的なのは、テキスト領域でハッシュタグを多用する点。
ハッシュタグを記載することによって、投稿がキーワードごとにカテゴリ分けされ、インスタグラム内の検索やキーワードのカテゴリに興味のあるユーザーが自分の投稿を見てくれる可能性が高くなる。
例えば「#ottd」※というハッシュタグを付けて投稿した場合、ブランドの名前を知らなくても、ファッション関連の投稿をしているユーザーや、欲しいアイテムの投稿をしているユーザーなど、ファッションに興味のあるユーザーがインスタグラム内の検索から投稿に辿り着ける仕組みになっているそうです。テキスト内にURLを記載できないのがツイッターとの大きな違い。
企業のインスタグラムアカウントを<@クライアント名>などを掲載し、企業のインスタグラムアカウントへ飛ばす形式も見られる。強引な手法としては、インフルエンサー自身のプロフィール(アカウントのプロフィール欄にはURLを記載できる)にURLを掲載するケースもあるみたいです♪
インスタグラムが若年層、女性の利用者率が高いことが影響し、女性向けブランドやサービスの出稿が多い。
女性をターゲットとしているため、女性に人気の読者モデルやアパレル店員など、これまでは雑誌を中心に取り上げられてきたストリートの人気者が、インフルエンサーとして多く活躍している。
また写真を共有することで、自身のライフスタイルを表現するというインスタグラムの利用特性上、生活用品との親和性が非常に高いそうです♪


スポンサーリンク




ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。